学科紹介

情報メディア学科の学び

■学びの特徴
コンピュータの基礎を身につける。
本学科では、低学年時に十分な学部共通科目を配置しており、情報メディアの専門に限定されすぎることなく広くIT分野の知識を身につけることができます。
1年次では、情報メディア技術者・生成者としての教養と広い視野を養成する科目と、コンピュータの基礎教育を実施。コンピュータを利用した創作と、コンピュータシステムの開発、双方にとって非常に大切なコンピュータの理解に力を入れたカリキュラムを設定しています。

■「メディア全体を体験的に学ぶ」
2年次には「映像制作」や「CG制作」、「音楽制作」「『便利』なコンピュータを実現しするためのさまざまなシステム開発」など、メディア全般を体験的に学ぶ導入科目を履修します。
また、希望者には目的別プログラムを用意しています。将来のゲームクリエイターを目指す学生には、「ゲームクリエイター特訓」という授業が開講されています。

■分野を絞って専門を追求する。
3年次には、2年次で幅広く学んだメディアの代表的な分野をいくつか絞り込み、より専門性の高い学習を行います。
分野はメディアセンス豊かなITエンジニアを目指す「メディア技術コース」、コンピュータに精通したクリエイターを目指す「コンテンツクリエイターコース」、「部共通科目を幅広く学ぶ「情報一般コース」の3つ。この3つの履修モデルから、自分の興味や将来の進路にあわせて分野を絞り、専門知識、技術を修得します。

■研究室で卒業研究に取り組む
4年次では、高い専門性をもつ各研究室に所属し、最先端の設備を利用しながらメディア技術やシステム開発などについて学び、さらに卒業研究やシステム開発などについて学び、さらに卒業研究やその中で作品制作をおこないます。
4年間の学びの集大成である卒業研究を完成させるとともに、教員との密なふれあいを通して、自ら問題を発見し、解決できる能力を身につけて行きます。