ゲーム開発者会議「CEDEC2013」にて研究成果を多数発表

2013/08/18 2:12 に Akihiko Shirai が投稿   [ 2013/08/18 2:13 に Web管理者 情報メディア学科 さんが更新しました ]
東京ゲームショウを主催する団体が開催する、国内最大級のゲーム開発者会議「CEDEC2013」において神奈川工科大学 情報学部 情報メディア学科から3件の発表が行われます。
先端のゲーム開発者が集まるCEDECにおいて、これほどの多数の発表が公募採択される大学は多くはありません。
発表に参加する情報メディア学科の学生さんも良い勉強・交流の機会が得られることでしょう。
★今回は広報部の取材も入るようです! http://blog.media.kanagawa-it.ac.jp/

CEDEC2013
開催日時:2013年8月21~23日
場所:パシフィコ横浜会議センター

中村研究室(ワークショップ)
「ゲームデザイン手段目的/快感ストレス分析ワークショップ」(満員)

小坂研究室(インタラクティブ・セッション)
「偏食克服を目的とした食育シリアスゲーム 『「Food Practice Shooter』の開発 」

白井研究室(インタラクティブ・セッション)
「姿勢評価によるリアルタイム感情推定を特徴とする動的マンガ生成システム『Manga Generator』」

http://blog.shirai.la/blog/2013/07/manga-siggraph2013-cedec2013/


Comments