第3回「キッズワークショップアワード」にて佐藤・鈴木研究室が最優秀賞(グランプリ)を受賞

2012/02/27 0:17 に Web管理者 情報メディア学科 が投稿   [ 2012/02/27 0:27 に更新しました ]
平成24年2月25日、26日の2日間、慶應義塾大学日吉キャンパスにて、ワークショップの博覧会「ワークショップコレクション8」が開催されました。ワークショップコレクションは、90以上の企業や団体が出展し、今年度は7万4千人の来場者があるワークショップの博覧会としては日本では最大イベントです。情報メディア学科からは、「ノックベジタブル」(佐藤・鈴木研究室)「たたかえ!!僕らのシャドウロボ」(佐藤・鈴木研究室)「AR英語〜浮き出る3Dアルファベットを並べ替えて答えよう」(速水・服部研究室)の3ワークショップを出展し、「たたかえ!!僕らのシャドウロボ」が、第3回「キッズワークショップアワード」にて最優秀賞(グランプリ)を受賞いたしました。 
「たたかえ!!僕らのシャドウロボ」は、子供達が、ロボットの展開図に好きなように外装をデザインし、デザインした外装をその場でコンピュータに取り込み、身体をつかってロボットを操るゲームを体験できるワークショップです。アナログ表現とデジタル表現の融合に加え、身体をつかったしくみが、評価されました。このようなすばらしい賞を今後も受賞できるよう、研究活動をしていきたいと思います。 情報メディア学科 鈴木

ą
Web管理者 情報メディア学科,
2012/02/27 0:17
Comments